礼拝

メッセージ

 礼拝には、赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで、さまざまな世代の方がいらっしゃいます。どの年代の方にも安心して礼拝して頂けたらと願っております。ご年配の方、仕事で忙しい方、子育て中の方、勉強中の方、時間にゆとりのある方、…等々、どなたでもお気軽にお越しください。

 礼拝に必要なもの(聖書や聖歌・讃美歌など)は教会にあります。賛美の歌詞はOHPにてスクリーンに表示しますので、知らない方もご一緒にどうぞ♪ 主の祈り、使徒信条、信仰問答は週報に掲載されています。

 何かお困りのことや、お気づきの点などございましたら、受付にお声掛けください。

礼拝の流れ

前  奏 奏楽を聞きながら黙祷し、神様に心を向けます。
招  詞まねきのことば 神様が礼拝に招いてくださっていることを覚えて、司会者が朗読する聖書の言葉を聞きます。
会衆賛美 歌によるささげものです。歌で神様をほめたたえ、尊敬や感謝、愛を表現します。ピアノやオルガンにあわせて、リズミカルなワーシップソングや聖歌・讃美歌を、全員で賛美します。
祈  祷 司会者が代表して、礼拝の感謝と導きを祈ります。
主の祈り イエス様が「このように祈りなさい」と教えて下さった祈りです。全員で心を一つにして祈ります。
※「主の祈り」と「使徒信条」は交互に祈っています。
使徒信条 初代のキリスト教徒の信仰告白、そして、当教会の基本信条を全員で心を一つにして祈ります。
※「主の祈り」と「使徒信条」は交互に祈っています。
信仰問答 キリスト教の教えをわかりやすく「問い」「答え」「関連する聖書箇所」の形で、司会者と共に朗読します。
こども賛美 幼児から小学校低学年を対象にした曲を、全員で賛美します。
聖書朗読 宣教で牧師が解き明かしてくださる聖書箇所を、司会者が朗読します。
宣  教 神様の言葉である聖書を通して、神様の御心を知る時です。牧師がメッセージをとりつぎます。メッセージのアウトラインはこちら
聖 餐 式せいさんしき 原則第一日曜日に行います。イエス・キリストを救い主と公に告白した全ての人が、パンを食べ、ぶどうジュースを飲み、イエス様の十字架を覚え、感謝します。
応答賛美 聖歌や讃美歌を賛美します。
献  金 日頃の感謝を込めて、神様に自分で決めたお金を捧げます。私たちの大切なお金を捧げることによって、私たちが神様に信頼して、自分を捧げることを表します。
自発的に捧げるものなので、意味がわからなかったり、用意のない場合は捧げなくても大丈夫です。
祈  祷 代表して献金奉仕者が祈ります。
頌  栄しょうえい 私たちのすべてを神様にささげ、栄光を帰するときです。父、子、聖霊の三位一体の神をほめたたえ、出席者全員で歌います。
祝  祷しゅくとう 牧師を通して、神様から新しくはじまる一週間の祝福を頂き、それぞれの生活の場に遣わされます。
後  奏 奏楽を聞きながら、礼拝の恵みを感謝します。
報  告 諸連絡事項。